交通事故

車社会のアメリカでは、誰もが交通事故に遭う可能性があります。

当クリニックでは、交通事故の治療と検査を専門的に行っています。

 

症状は後になってから現れることが多いので、早期に治療を受けることがとても大切です。

 

事故後の痛みや不快な症状でお悩みの方、治療を受けているがなかなか良くならずにお困りの方からのご相談にも応じています。

 

 

当クリニックでは、患者さんが治療に集中できるよう、保険会社との対応や手続きなどを保険専門のスタッフが全て日本語で対応しています。

交通事故専門の弁護士とも提携しています。

事故の相手方や保険会社との対応など、治療を受けながらすべてご自身で行うにはあまりにも負担が大き過ぎます。交通事故専門の弁護士に依頼することで、安心して治療に専念することが出来ます。当クリニックのスタッフが通訳・翻訳を行いますので安心してください。

 

不安が多い交通事故治療は、当クリニックにご相談下さい。

カイロプラクターは交通事故による障害や痛みを治療する専門医です!

アメリカでは、交通事故によるむち打ち症などの障害は、カイロプラクティックの治療を受けるのが一般的です。

 

交通事故障害は、早期の治療がとても重要です。

たとえスピードが出ていない事故でも、追突した角度によって頸椎や背骨に与える影響は少なくありません。

事故直後は痛みなどの自覚症状がなくても、数日後、数週間後、人によっては数ヶ月経ってから様々な症状が出てくるケースがよくあります。

後遺症に悩まされないためにも、速やかに専門家に診てもらうことが大切です。

 

アメリカでは、カイロプラクターはプライマリーヘルスケアドクターであり、背骨、筋肉、靭帯などの障害を専門的に扱う専門医です。

交通事故後のよくある症状

むち打ち、首の痛みやコリ、顎関節の痛みやズレ、頭痛、肩や肩甲骨の痛みやコリ、手指の痛みやしびれ、背中の痛み、腰痛、吐き気、目がかすむ、めまい、バランスが取りにくい、外傷後のストレスによる不安など

交通事故で多いむち打ちの症状

交通事故によるケガで最も多くみられるのが「むち打ち」です。

 

むち打ちとは、頸椎の捻挫で、自動車の追突、衝突、急停車等により頭部が前後左右に激しく振られ、首が「むち」のようにしなって起こることから「むち打ち」と呼ばれています。

人によって訴える症状は様々で、事故の状況・年齢・体格などによっても症状が異なります。

 

一般的に「首の痛み」だけと思われがちですが、頭痛、肩コリ、可動域制限、胸痛、腰痛、めまい、吐き気、耳鳴り、手のしびれなどの多様な症状が出ることと、事故直後は本人が自覚していないことが多いのも特徴です。

その他にも、意識障害、眼精疲労、意欲低下、さらにPTSDという外傷後ストレス障害を発症するケースもあります。

 

自分で判断するのではなく、まずは専門家に診てもらうことが重要です。